2015.08.11 CityKart 【小泉 清野 岩谷 鶴田】+決起会


こんにちは、2回連続の投稿になります。岩谷です。
今日も4人で集まり、その後決起会をするということで、全員が電車でくるという初のシチュエーションでした。何を隠そう、私自身が電車でここに来るのは初めてでして、しかも、乗ったことのない電車でしたから、若干緊張したものです。

20150811-4

今日、私は午前中別の用事がありまして、その用事が長引いて皆が集まる時間に間に合わなかったのです。つまり、私がたどり着いた頃には、もう既に皆出来上がっておりまして、焼けた餅のようになっておりました。この状態で自分自身どういう参加方法をとればいいか悩んだのですが、清野さんより「アドバイスしてあげるから、行ってくればいい」と言われ、1人で1時間の旅に出たわけです。

自分の走りを見て貰いながら、ダメなところがあればピットに入ってアドバイスをもらうという手法で、私の1時間がスタートしたわけですが、結構早い段階で呼び止められ、コースとそのダメな部分とを教えられながら、ぐるぐる走り続けておりました。前回は休憩を挟まずに走り続けたせいで、脱水症状を引き起こしたので、ゆっくり休憩を挟みながら走ろうと思っていたので、アドバイスをもらう時に少し休ませて貰いました。

いくつもアドバイスをいただいていた後で、清野さんの方でコースに入っていただき、その後ろを付いていくことでコースの確認をさせてもらいました。口で言われて実践するのと実際に目の前で走ってもらうのでは圧倒的に気付きが違うことがわかりました。おかげでタイムも1秒ほど詰めることができるようになったので、今後はこの感覚を忘れずに毎回同じように走ることができるようになることを目標とします。

ちなみに清野さんは1時間の間で、本日のベストラップを叩き出しており、私と一緒に走った時にも33秒台を2度ほど出しておりました。走りの安定さが見受けられます。
20150811-1

この時の最高タイムは35.539でして、前回よりも良くなっていることがわかりました。あとはブレーキのタイミングとアクセルのタイミングを掴んで、それでいて同じコースを走れるかが大事なのですが、なかなかそれができないのがカートの難しいところです。

1時間が終わった時点で、背中がものすごく痛くなっておりまして、これ以上は走れないかと思ったのですが、ちょっと休憩したあとで、最後にもう一度走ることになりました。その時は鶴田さんと2人で走りまして、コースのライン取り、アクセル、ブレーキ、そしてスピードを意識して乗ったところ、自己最高の34.549を出すことができました。走りながらスピードを意識できたのは、今回が初めてでした、その次の周回でスピードを意識しすぎてか、タイヤの山に激突し、その際に肘を火傷しました。あのスピードで1周無事に回れたら、結構いいタイムが出ていそうだったので、残念です。。。

その後で、4人でCKカップに出るための決起会と称して居酒屋で飲み会を開きました。誰が何周走るかや、ピッドボードの進み具合などを報告しながら、皆でお酒を飲みながら話すのは新鮮で面白かったです。
20150811-2
途中から、おじさん3名による昔の漫画トークなどが始まり、1人年代が若い鶴田さんはなかなか会話に入れず,
トークは勝手に盛り上がりをましてしまい、ちょっとだけ申し訳なかったです。

最後は皆でデザートを食べて閉めました!
20150811-3

さてCKカップまでは後1ヶ月強しか時間がありません。何回参加できるかわかりませんが、とりあえず準備だけはしておきたいところです。次はどのぐらいで走れるか、今日のことが体に染み付いてるか、次は成長できるか、いろいろまた試してみなければいけません。

やはり、乗る時は5分と言わず1時間がっつり乗ったほうがいいですね。

-PR-