2015.09.23 第67回CKCUP


こんにちは。小泉です。
今日はCP64初のレースということで
「第67回CITYKART CUP 2015」に参加してきました。
CP64チームとして公式の場に出る初の機会です。

第67回CITYKART CUP!天気サイコー!
CKCUP午前

初のレース参戦ということで朝から皆緊張気味でした。
「寝れずにYoutubeのカートレースを見てた・・・」とか
私なんかは予定よりも2時間も早く目覚めてしまいました。

14時からのタイムアタックと17時からの1時間耐久レースに
参加するため少し早めの11時にはシティカートにINしました。
午前中に少し走り、いつものルーティンのココスを挟んで
13時に改めてレース準備というスケジュールです。

午前中の練習走行では皆5分走で調整を行い
小泉②でBest34”420
清野③でBest33”038
鶴田①でBest34”398
岩谷②+④でBest35”088
と軽めの調整を行い。ココスにINしましてチームミーティング。

タイムアタックに向かう意気込みや、耐久レースに向けた
レースマネジメント、ピットボードの使い方、各役割の再確認と
しているうちに刻々とレース時間が迫ってきました。

レース直前の13時からも多少走行ができるということで清野さんと鶴田くんが
コースIN
清野⑥でBest32”544
鶴田④でBest32”894
と仕上がりは順調な様子で開会式が始まりました。

レース開会式ではレース初参戦という事でご挨拶の場を頂きまして
清野さんのスピーチと進行の方のおかげで「CP64」=「ロッシ」というイメージを
みなさんにつける事と多少なりとも覚えてもらうことが出来たのではと思います。

開会式が終わるとすぐにチャレンジクラスのタイムアタックが始まりました。
タイムアタックは5分間x3セットを走り、それぞれの最速タイムの平均値で競うレース
になります。

今回はチャレンジクラスに15名のエントリーがあったため3グループに分かれてレースに
なりました。CP64では清野A、鶴田B、小泉C、岩谷Cの組み分けです。
おおよその持ちタイムごとにグループが割り振られている感じなので初参戦でAクラスに
なった清野さんはかなりすごいと思います。

そんな清野さん結構緊張していました。椅子にも座らず立ちっぱなしでブラブラ。
普段は常に落ち着いている印象しかないので、新たな一面を垣間見た気がします。
そうしているうちに強豪揃いのAクラスの1回目のタイムアタックが始まりました。
カート抽選を終え早速レーススタート!

この写真を見ても緊張感が伝わります!
タイムアタック①清野

タイムを見なくともこのグループのレベルの高さが分かりました。
実際にほとんど方が32秒台をバンバン出していました。
そんな中、清野さんのBestLapはなんと32”943と好成績で1回目を終えました。

次はBグループ鶴田君頑張れ!
タイムアタック①鶴田

鶴田君もなかなかの滑り出しで33”734とBグループの中ではかなり良い順位につけていました。
そしてCグループの私と岩谷さんも後を追うように1回目の走行を終えました。
小泉34”179
岩谷36”360
とまずまずの出だし。

このレースはシティカートルールで毎回乗車カートがグループ内の抽選で変わります。
どのカートを引くかは運しだい。どんなタイムを出すかは腕次第。
あのカート速そうだな・・・と思って引けてもタイムが出ない(私)
ハイ。腕ですね(笑)

タイムアタックなので十分な車間をあける事も重要なんですね。追い越しなんかをして
時間をかける事のほうがもったいないのです。さらに上級者の方の走行を見ていると
明らかにタイムを出しに行ってる周回がありました。ホント良い勉強です。
うわースゴイ!とか言っているうちにあっという間でレースが終了していました。

チャレンジクラスCP64リザルト

メンバー 1回目 2回目 3回目
清野 32.943 33.351 33.630
鶴田 33.734 33.793 33.696
小泉 34.179 34.305 34.050
岩谷 36.360 35.529 35.347

最終結果は表彰式になるという事で、チャンピンクラスのタイムアタックがスタートしました。
このクラスの走りは見とれるばかりでシティカートでのベストラップで名前を見たことがある
方達の走りを見ているだけで圧巻でした。

チャンピオンクラスが終わるといよいよ1時間の耐久レースです。
耐久レースではカート車番、グリッド位置共に抽選で決められます。
我らがCP64はなんと⑥カートで1番グリッド!いちばん遅いのに・・・・

2クラス目のグリッドスタート
耐久グリッド

お店の方からは1位で走れるじゃんとか言われながらもレースがスタートしました。
CP64の走る順番は小泉→清野→岩谷→鶴田→小泉→清野です。
そうなんです。私がスタートドライバーを任せてもらいました。

グリッドスタート前の一周、シグナルカウントダウン、1コーナーへの侵入とレース好きには
たまらない経験をさせてもらいました。チームに感謝です。
もちろん一番遅いので3周だけ一番前の至福の時を味わせてもらいました。
一緒に走った方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

タイムアタックと違いチーム戦なので走っている時以外の仕事も多く、周回のカウント
ピットボード掲示など事前に色々準備をしていたので比較的スムーズに進んだと思います。
レースとしては清野さんが33秒台をバンバン出してくれた為、105周でゴールする事が
できました。

当初の計算では105周行けばいい方とか、100周も難しいかも・・・と言っていた中での
結果なのでまずまずだったと思います。
1位が109周で我々CP64は参加8チーム中で8位の成績でした(笑)

少し幻想的な雰囲気の夜の耐久レース
耐久雰囲気

ハイレベルなバトルや熱い実況を聞きながらの観戦も非常に面白かったです。
最後に表彰式です。
チャレンジクラス
14位岩谷さん
12位小泉
9位鶴田君
・・
・・・
・・・・
6位清野さん!!!

なんと清野さん初レースで6位入賞!すごすぎる!
表彰式

カートを始めて約9ヶ月。チームの中で誰よりも練習してました。
実況の方に触れてもらってましたが「軽自動車一台分・・・」というのも
納得の結果です。
練習、思考、、、すべてにおいてこの数か月カートに集中してきた事が
この結果になってると思うと涙が出ます。
思考を体現できるセンスもうらやましい限りです。
次の入賞圏内にいる鶴田君にとっても良い刺激となっていると思います。

私としてもレースという緊張感とチームの一体感を味わえた良い経験でした。
次の11月のレースにも今回の反省を生かしつつ次のステップに上れるよう
練習をして行きたいと思います。
まだまだ書きたい事はヤマほどありますが今日はこれぐらいにしておきます。
ホントみなさんお疲れ様でした。

第67回CITYKART CUP 2015公式リザルト(シティカートホームページ)

清野さんほんとおめでとうございます!
トロフィー

-PR-