2015.10.31 CityKart 【清野 鶴田】


※11/1 追記あり

Halloween and Citykart

はい。鶴田です。渋谷や新宿ではハロウィンだなんだと浮かれている今日このごろ。
冷たい風がふぶく中、男二人が向かうのはそう。City Kart.

T澤氏

というわけでね。いつもと変わらない週末です。

さすがにもうパーカー一枚じゃ厳しくなってくる寒さです。
最近まで半袖で走っていたような気もしますが年月が立つのは早いですね。
さて、世間話はこれまでとして今日の走りについての総括をば。

鶴田01

実は結構気付きがございまして、7コーナーからヘアピンまで清野さんの後ろを着いて走った時に、清野さんがいつも「あそこは忙しい!」と言ってる意味がようやく理解出来た気がします。
7コーナーから8コーナーの入り方、そして9コーナーへのアプローチ、そして10コーナーの見方と色々とつながった感があります。(まだうまく実戦できていませんが。。。)

あと、最近HOTな1コーナー。T澤さんと清野さんに「ブレーキ早すぎる」と全く同じことを言われました(笑)

大切なことは何度も言われていますが、プレーキを踏んでいる時間を短くする、ロックしない程度にグッと踏む、そしてじんわり離す、ということなのです。

後半は結構意識したんですが、ロックする寸前の感覚ってやっぱりかなり難しい。。。

というかロックする前で止めてしまうと、スピートが勿体なく感じるんですよね。
でもおそらくそれが正しい曲がり方だとすると、よくT澤さんがいう「1コーナーは頑張りすぎなくていい」っていうのもなんだかわかります。

ブレーキ踏んでガッガッガッって曲がるより、ロック手前のブレーキでうまーく適正スピードに持っていけるようなコントロールをするように、ってことなのかなって思います。

よく1コーナーのラインは綺麗だねーなんて言われますが、スピードが出てない分そう上手く走れているだけな部分はあると思います。
今後はもっとスピードを乗せてそのラインを通れるように要研究です。

清野01

はい。以上です。

今日はコースを本番並に閉めてくれたのでいい練習になりました。本番環境でしっかりタイムが出せるよう練習しないと意味ありませんからね。

コースが緩くなってくるとどうしても甘えが出てしまいますからね。。。

本日の記録

メンバー ベストLAP カートNO 総周回数 平均LAP
清野 剛 33.156 4号車 88周 N/A
鶴田 政則 33.843 5号車 79周 N/A

※追記(11/1)
本日のベストラップは清野さんでした!もう5回目?くらいですかね。
CKカップも入賞目指して頑張っていただきたいですね!

1031ベストラップ

おまけ:New Pit Board!

今日は実は新しいピットボードも併せて作っていました。ボードの素材は塩ビでネットの素材屋さんに図面を送ってカットしていただきました。

ピットボード製作中

レールをペタペタ。

このレール上を数字のステッカーが貼られたカードをスライドさせていくイメージです。

そして完成形がこちら!

ピットボード完成形

ロゴのステッカーに少々違和感を覚えますが、バッチリです。
裏の「NEVER GIVE UP THINKING」とはそのままの意味で「考えることを諦めるな」ということです。
やっぱり考えずに走ってもダメなんです。頭のスポーツということです。CP64Racingのスローガンです。

スコアカードの方は別途製作中です。はやく23日で使ってみたいですね。

おまけのおまけ:About Valentino Rossi

はい。とういうわけでここからはカートの話と全く関係ないですが、ロッシのメットをかぶっているチームとして先週のマレーシアGPで起きたロッシマルケス騒動に対する見解というか、考えとかみたいのを書いたほうがいいかなと思いました。

何のことかわからない人は読み飛ばしてください(笑)一応関連記事上げておきます。

参考:ロッシ・マルケス セパン接触事故 Archives – ITATWAGP | イタたわGP
http://itatwagp.com/category/motogp/rossi-marquez-sepang-incident/

参考:Entries in マレーシアGP category – 気になるバイクニュース。
http://motomoto.hatenablog.com/archive/category/マレーシアGP

MotoGP公式のマレーシアGP総括動画です。(ロッシマルケスは1:20くらいから)
MotoGP™ Rewind: A recap of the #MalaysianGP

一応チームとしての見解としては清野さんの言葉を借りると、

ロッシ:悪い
マルケス:嫌い
ペドロサ:いいやつ
ロレンソ:なんかごめん

といった感じです。

小泉さんは若干ロッシ寄りで「マルケスこのやろー」感が強いです。
私の考えは清野さんと結構かぶります。ペドロサが好きになりました。
岩谷さんは「あ~なんか大変そうですね。」くらいな感じでしょうか(笑)

マナーは悪かったかもしれないが、ルールは守っていたマルケスに対して、ルールを破っちゃったロッシはやっぱりダメです。

蹴ってはいないにしてもマルケスにまとわりつかれてイラついて、結果的に「やっちゃって」ますからね。。。
そもそもレースディレクションも「蹴った蹴らない云々」よりもその手前で減速してアウトに寄せたことを危険行為と判定していまし、いくら邪魔されて腹が立ったからといってマルケスを引き離せなかったロッシがいけなかったと思います。

This is raceです。

そもそもいざこざの原因はどうあれレース前に喧嘩を先にふっかけたのはロッシですし、それを受けてマルケスが余計に執拗に絡んできたと考えると自業自得といえばそれまでかもしれません。。。

ロレンソは表彰台でブーイングされたり、白熱していたチャンピオンシップ争いに泥を塗られたり、マルケスと組んでるじゃねーかとあることないこと言われたりと色々ととばっちりを受けている感じがします。

ペドロサはロッシに対する冷静なコメントに加えて、今回のことを受けてもっとルールをこうした方がいい、ああしたほうがいいと大人な見解を述べています。
(ロレンソは「ヴァレンティーノは有名だからいつも罰則が軽いんだ。」とずっとキレてましたが。。。)

マルケスは嫌いです。マグカップ売りましょうか。

まぁそんなところでしょう。
今はロッシが処罰に対して提訴をしていますが、正直通るとも思えません。。。

が、

チャンピオンの確率は0ではないので、全力で勝ちに言って欲しいですね。

 

Forza!vale!

 

VR46 Store Tokyo室内2

-PR-