2016.04.14 CityKart 【岩谷】


こんにちは岩谷です。本日は個人的なお休みをいただいておりまして、その時間を利用してカートの練習にやってきました。一人での参戦は二度目ですが、事前に色々とメンバーからはアドバイスをいただいており、そのアドバイスに従って練習を始めることにいたしました。

路面は濡れていて滑りやすいコンディション

本日は、前日より降っていた雨が止んでおらずに、路面は少し滑りやすいコンディションでした。水たまりもちらほらありまして、普通の状態でもスピードを操りきれていない私からすれば不安しかありません。しかし、CKカップの当日も雨の予報が出ておりまして、その時の予行演習だと腹をくくり、1時間乗せていただきました。

雨のカート場

やはり滑る路面

私が走行を始めた15時頃はまだまだ路面が濡れており、太陽も出ていなかったので非常に乗りにくい状態でした。いかんせん、乗っているのが私一人でしたので、上手い人だとどのぐらいのスピードで走れるのかを測ることはできませんでしたが、スリップや横滑りを体験しつつも、自分の中で正しいラインを考えることを止めずに、下手は下手なりに乗ってみたというのが正直なところです。

残念なことに、何度かスピンもしましたが、「まだ練習」「まだ練習」と心で唱えながらスピードの落とし所と、加速するタイミングを計るように意識して乗るようにいたしました。気が焦るとブレーキが遅れますし、余裕を持ってブレーキを掛けると全体的に遅くなるので、やはり経験不足は否めない形となりましたが、少しずつ少しずつ修正に修正を重ねて練習を続けました。

苦手なのは前回と変わらず6コーナーと12コーナーです。

3号車でスタート

一番考えるのは12コーナー

事前に皆から頂いたアドバイスは、「コーナーに突っ込みすぎている」「12コーナーが窮屈になっている」「12コーナーのクリッピングポイントで向いている方向を確かめると良い」などです。図解でも説明を頂きましたし、視点を鍛えるという意味での動画の紹介もしていただきました。

それを毎日チェックしていたので、実際のコーナーに入る時の角度がかなり窮屈になっていることにも気づきましたし、ブレーキのタイミングの遅さや、立ち上がりの遅さも少しは理解できるようになった気がします。今回の練習の結果が日曜日に出せるかどうかは、実際に乗ってみないとわかりませんが、コーナーリングに対しての意識は確実に変わっているので、その成果を出せるように頑張ります。

3台のマシンに乗ってみました

最初に3号車しかなかったので、まず3号車でスタートし28周しました。その時はスリップがひどく38.581を出すのが精一杯でした。次に5号車に乗りまして25周しました。5号車は加速が悪く、スピードを殺すと立ち上がりが難しいマシンでした。この時のベストは37.103。最後に4号車に乗り20周しまして35.980。4号車はあまりグリップしないマシンでした。
マシンの調子は3>5>4の順という状態でしたが、路面コンディションがどんどんよくなる中でタイムが上がっていったため、タイムとマシンが反比例してしまいました。。。

もう一度乗りたかったのですが、16時から貸切が入っていましたので本日はここで終了となりました。貸切の人たちが走っている様子を少し見学させてもらった後で今日は帰りました。

本日の記録

メンバー BEST LAP マシンNo. 総周回数 平均LAP
岩谷 大輔 35.980 4号車 73周 N/A

本日わかったこと

前から言われていたことですが、雨のように滑りやすい時ほど、コーナーを丁寧に曲がること。そして、次のコーナーを常に意識して乗ることで、スピンしないスピードが測れてくること。そして、カートの向きがしっかりと変わったタイミングですぐにアクセルを踏み込むこと。この三点を忘れないように私は本番に臨みます。どうぞお手柔らかに。

-PR-