2016.09.17 新東京サーキット 【清野 岩谷 鶴田】


こんばんは、お久しぶりです岩谷です。本日は新東京サーキットで走行してきました。清野さんや鶴田さんはすでに体験済みのコースでしたが、CityKartでしか走ったことのない私にとっては初のコースで朝からとても緊張していました。

日本列島に台風接近などの情報もあり、今週は不安定な天気が続いておりましたが、本日は雨もふらず、たまに晴天を覗かせるなど、コンディション的にはかなり良い状態でカートに望むことができました。

何もかもが初めての新東京サーキット

明日9/18(日)に開催されるレッドブルカートファイトに清野さんが参戦します。その練習をするために、本日は新東京サーキットに行くという話を伺っておりまして、せっかくなので私も便乗して練習に参加させていただきました。

朝9時に集合予定で家を早めに出発したのですが、道中渋滞に巻き込まれてしまい、清野さんたちとは10分遅れでコースに到着。そのため、私がサーキットに着いた頃には、すでに清野さん、鶴田さんの二人は走行を始めていたので、まずは二人の走行を見てから、クラブハウスに入りました。しばらくするとM田さんもいらっしゃいまして、清野さんたちとも会話をしながら、和やかな雰囲気でその場を過ごすことができました。

新東京サーキットはとても広いコースで、12台ぐらいのカートが一斉にコースに入り走行できます。その分スピードも出るので、最高速度をどれだけキープできるかが肝だと教わりました。前日に、コースレイアウトをプリントアウトしておいたので、コースの概要についてはなんとなくわかっていたのですが、縮尺までは図面で見ても理解できないので、まずは走ってみてどう言うコースなのか知りたいと考えました。

  • course-guide
  • starter

新東京サーキットは開放感のあるコース

初めて走った感想としては、とても開放感があるコースで、あまり速く走ることはできませんでしたが、気持ちが良かったです。スピードが出る分、体にかかるGも強く、走行が終わった後は肩甲骨のあたりが痛くなっていました。

newtokyocourse

初めてのコースということもあり、走行ラインが全くわからなかったので、とりあえず前の人を追いかけながら道筋を辿って行きました。相変わらずRがきつい2コーナーや6コーナーが下手で、立ち上がりが悪くそこでタイムロス&抜かれるというのを繰り返し体験しました。タイムとしては全く褒められるものではなく、平均で57秒台中盤あたり、最高で55.903という結果に終わりました。

清野さんにあとで色々と話を伺ったのですが、やはりブレーキの遅さと弱さが原因で、コーナーに入った後にもハンドル操作やアクセル操作をしているがゆえに、立ち上がりが遅くなっているというアドバイスをいただきました。無理なハンドル操作をしている証拠として、手のひらにはマメが一つできていました。

私は走行の基礎が全くできていません。何度かそのメソッドを教えていただきましたが、頭で理解している内容と実際に走っているときの感覚に大きな乖離があるので、修正に至っていないという状態です。スピードを落としてタイムを縮めるということが、実際の走行中に理解できていないのだと思います。なんとかここを修正していきたいところです。

走行自体は今までにない体験ができた感覚

本日の第1回目は、気持ちが少し逸りまして、一人で勝手に走りに行ってしまい周りの人に迷惑をかけました。とりあえず一回最初に走ってみたかったというのが正直なところでして、それを2回目に活かせるかどうかというところでした。

padock

2回目の走行は、清野さん、鶴田さん、M田さんと一緒に走らせていただいたのですが、この時が一番ボロボロでして、コーナーに入るたびにキュルキュルと音を立てて滑っていた印象が強いです。団子状態になった6コーナーで弾かれてスピンしてしまいました。どうもメンタル的にせっつかれるとダメなのです。

3回目の走行は、清野さんとM田さんと一緒に走りました。この時が一番楽しかったです。自分の中でもこのコーナーはこんな感じで曲がればいいのかな。というのが少しだけありました。2コーナーで滑らずにカウンターを入れることもなく走れたのは1回だけですが。。。

  • kiyono05
  • md
  • iwaya01
  • kiyono01
  • kiyono03
  • tsuruta01
  • bulletin-board
  • kiyono02

タイムを意識した乗り方を考える

清野さんとM田さんは、その後ももう一回一緒に走られておりまして、二人でいろいろな走り方を試していたようです。例えば、コーナーごとで縁石に乗り上げる位置を変えてみたり、少し膨らんでみたりとこのコースにおいての攻略の糸口を探るような走り方をしていたのだと後ほど伺いました。タイムを縮めるための探究心はものすごいです。

padock2

清野さんや鶴田さんの記録は、54秒台前半で、私の最高記録は55秒台後半、そこには2秒近い差があります。経験不足なのは否めませんが、もう少し基礎的な部分を見直していかなければ、ずっと私はこのままなのでしょう。とりあえずはブレーキングとクリッピングポイントについてを一生懸命勉強していきます。

走行後、写真を見ながら突っ込まれたのですが、私はバイザーを上げながらずっと走っていました。おそらくそんなことをしていたのは私だけです。考えてみると、私はCKでもあまりバイザーを下げない傾向があります。顔は真っ黒になりましたが、視界は良好でした。

iwaya02

本日の記録

メンバー BEST LAP マシンNo. 総周回数
清野 剛 54.134 19号車 55周
岩谷 大輔 55.903 31号車 37周
鶴田 政則 54.132 21号車 38周

清野さんにとっては明日が本番です。今日よりも早い時間に集合するということなので、無事と健闘を祈っております。それではまた!

-PR-