2016.12.24 新東京サーキット【清野 鶴田】


こんにちは、清野です。
今回は2016年最後のカートです。走り納めです。そしてレーシングカート初体験でした。

そんな情報量満載の内容をご紹介していきたいと思います。

レーシングカートデビュー

乗車カート

 

カートショップと新東京サーキット

今回、石川さんにお声掛けいただき、team Augustさんからカートマシンをレンタル、新東京サーキットで走行しました。とは言いましても、私たちは全くの未経験。すべての手配やレクチャーは石川さんがしてくださいまして、まさにおんぶに抱っこ状態…本当に石川さんには感謝しています。ありがとうございました。

また、team August代表の清宮さん、NSPマシンのY本さん、共にレンタル走行してくださったM田さんにも非常に感謝です。お世話になりました。

開始前

荷物群

晴れ

レクチャー中

新東京サーキットにおける走行費用だけを申しますと、1日利用で6,200円、2人で走行する場合は1人をメインにサブドライバーとしてプラス1,100円、トランスポンダーレンタル代が1,000円です。これにカートショップからレンタルするマシン代とガソリン代が加わる感じです。

レンタルしたマシンはKT100ですが、乗車させていただいたのはKT100と石川さんのGT-K用マシン。走行時間は9:00~16:30迄でジュニア(コマーカデット)との15分もしくは20分交代走行。ちなみにKT100は時速100km近く出るマシンだそうで、期待と不安が入り混じり、とにかく走行前はドキドキが止まらない感じでした。

 

実走

さて実際のKT走行ですが…正直、第1印象は「めちゃくちゃ怖い」です(笑)。アクセルを踏んだ時の身体が残される感じ、2ストならではの高音で鳴り響くピーキーなエンジン音、ブレーキング時の吹っ飛ぶんじゃないか感、コーナリング時の横G、そして体感速度…全てが怖いです。

<清野>
清野KT➀

<鶴田君>
鶴田KT➀

<石川さん>
石川さんKT

<光るM田さん>
光るM田さんKT

新東京サーキットでのN35では1周54秒くらいの私ですが、一番最初にKTに乗った時は怖くて直線時すらアクセルを踏めず、1周47秒前後で終わりました。しかも余りにも疲れるため、すぐに限界になり5分でピットインするという…最初は怖さと辛さでいっぱいいっぱいでした。

私は「チョー怖ぇぇ!」
鶴田君は静かに「怖すぎる…」
というのが第一印象でした(笑)。

鶴田KT➁

鶴田M田さんKT

2回目の走行時は比較的慣れてきて、しっかりアクセルを踏むこともでき、1周43.5秒前後まで詰められました。3回目以降は42秒台を維持することが出来ましたので、初日としては上々だったのかなぁ、と。ちなみに同じマシンでM田さんは41.4秒、石川さんは40.9秒、Y本さんは40.85秒でしたので、1秒以上縮めていかないといけないというのは痛感しました。

とにかくKTのスピードとGが凄すぎて、ライン取りもままなりません。クリッピングポイントにも突けません。疲れると緊張感も散漫になり、すぐアンダーになってしまいます。これで、各コーナーを数cm極めるようなライン取りを出来るようになれば本当に凄いと思いますし、そうなっていかなければならないと思いますが、初めてでさすがにそこまで考えられる状況ではございませんでした。

事実、鶴田君はモナコヘアピンでスピンして芝に突っ込んでいました…。マシンを泥だらけにしてしまい、team Augustさんに申し訳なく…しかしながら、その1回しかスピンしないで済んだのも幸いでした。

清野KT➁

清野M田さんKT

また、特に課題を感じたのは体力と筋力。私も鶴田君もKTで15分間走り切る体力がなく、後半はほとんど休み休みで走行。普段のレンタルカートではここまで限界になったことはありませんでしたし、正直お金を払ってでも休みたいくらいシンドかったです(笑)。

 

結果と感想

初めてのKT100@新東京サーキットはこんな感じです。2人共丸1日居て50周も走ってなかったという…情けない状況でした(笑)。
 

メンバー BEST LAP マシン 周回数
清野 剛 42.275 KT100 47周
鶴田 政則 44.042 KT100 42周

※ 周回数はインラップ、アウトラップを除いています。

 
それにしても本当に楽しかったです。初めてN35に乗った時のような、「怖いけど楽しい」という感覚で、子どものようにはしゃぎました。石川さんには本当に感謝です。同時にteam Augustさんにも感謝です。

これから月1回くらいはKTをレンタルして走行したいなぁと思っていますし、これからハマりそうですが…まずは体力をつけていっぱい走ってコストパフォーマンスを自分で上げていかないと勿体ないと思いました(笑)。

また石川さんにお繋ぎ頂いたteam Augustさんには、これからも是非お願いしたいと思います。その際はご連絡させていただきますので、どうぞ宜しくお願いします。

清野KT➂

鶴田KT➂

新東京でKT

 

2016年終了

CP64Racingは2015年1月に結成して、もう少しで2年になろうとしています。
やはりお金と時間が必要になるスポーツですので、メンバー内にもモチベーションやテンションにバラつきが生じてきました。同時に新しいドライバーにも籍を置いていただいたりして、何かと楽しく過ごせた2016年でした。

2017年はシティカートとフェスティカのイベント中心に、今までお邪魔したことのないサーキットにも足を運びつつ、月1回はレーシングカートを出来れば最高だなぁと思っています。

カートを通して知り合った全ての方々におきましては、今年も本当にお世話になりました。
来年も引き続きカート道に邁進していきたいと思いますので、どうぞ引き続きご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

ではでは、良いお年をお迎えくださいませm(_ _)m

2016年最後

-PR-