2017.02.11 横浜ワールドポーターズ【小泉 清野 岩谷 鶴田】


お久しぶりです岩谷です。
本日は、久しぶりにこの四人での走行となりました。
色々とアクシデントありの1日となりましたが、最終的にワールドポーターズで走行することができました。それでは今日の長い一日を振り返りながら、お話を進めさせていただきます。

夜明けとともに行動開始

本日は、APG(AUTO PARADISE GOTENBA)に向かう予定でした。朝早くから準備をし、車に乗って9時ごろには現地に到着しているというスケジュールで行動を開始したのです。私は横浜在住なのでみなとみらい辺りで拾ってもらう予定となっておりまして、朝6時に家を出てみなとみらいに向かいました。

高速道路でのアクシデント

みなとみらいから高速道路に乗りまして、横浜新道→保土ヶ谷バイパス→東名高速のルートで御殿場に向かいます。途中で海老名パーキングエリアによって小休憩。各々食べ物などを購入し、車で飲み食いしながら西へ西へと進路をとりました。天気は良く、道中では富士山も見えてドライブ日和でした。山肌には雪が少し残っておりまして、美しい景色を演出していました。

不穏な渋滞

東名高速道路を下って行くと、大井松田インターチェンジを超えたあたりで右ルートと左ルートに分かれる部分がございます。その手前あたりから大渋滞に巻き込まれ、全車線が詰まってしまいました。最初は「渋滞なんてすぐに抜けるだろう」と高を括っておりましたが、全く渋滞が消える気配はなく、前も後ろもギチギチになってしまいました。

交通情報を調べてみると、下り線は「大井松田ICから裾野ICまで凍結のため通行止め」、上り線は「沼津ICから大井松田ICまで凍結のため通行止め」という情報が出ておりました。これは、昨晩降った雪の影響によるものでして、夜中の3時から規制がかかっていたようです。それなら、下の道を通って御殿場に向かおうという話にもなったのですが、箱根の山を越える道路も通行止めかはチェーン規制が掛かっており、これ以上は進めなくなってしまいました。そこで、急遽予定を変更し、横浜ワールドポーターズにあるカート場に向かうことにしたのです。

横浜での散策

通行止めのため、すべての車両が大井松田インターチェンジで下ろされました。中には規制解除を待つために高速道路にて待機している車もいましたが、この日は一日中規制解除はされなかったようです。大井松田のコンビニでトイレ休憩を挟み、来た道を引き返し横浜みなとみらいに向かいました。

ワールドポーターズ

まだ時間は、午前9時。ワールドポーターズのカート場は午後1時からオープンするため、少し時間が余ります。そのため、ワールドポーターズにある駐車場に車を止め、ワールドポーターズの中を見て回りました。Seriaでゼンマイ式のカートを4台購入したり、ガチャガチャを回したり、ヴィレッジヴァンガードで買い物したりしていました。

お昼ご飯もこの時に済ませました。しゃぶしゃぶ食べ放題の店に入り、皆でワイワイしゃぶしゃぶを食べ、腹一杯になったところで店を後にしました。この時、しゃぶしゃぶを食べ過ぎたので、少し食休みをしてからカートに乗ることにしました。

コスモワールド

食休みのために向かったのは、みなとみらいにある遊園地コスモワールドでした。そこで、楽しく遊びながら腹ごなしをするという計画です。皆で何に乗るかを相談をし、最初に選んだのは「バニッシュ!」というジェットコースターでした。一人700円のジェットコースターで、一回転はしないものの、コスモワールドの中では一番大きなジェットコースターです。

ジェットコースターに乗るのは、考えてみれば5年ぶりぐらいで、懐かしい感覚でした。乗っていた時間は2分ぐらいでしょうか。あっという間の1周でしたが、とても楽しめました。降りた後、少しだけ平衡感覚がおかしくなりました。次に乗ったのは、「スーパープラネット」という円板状に並べられた椅子が高速回転する乗り物です。足を伸ばした状態で座り、それがグルグルグルグル遠心力によってまわるというものです。単純な構造の乗り物ですが、遠心力で椅子に貼り付けられた状態で逆さまにされたため、降りた後は体がおかしな感じでした。

ここで遊園地は終わりにしまして、再びワールドポーターズに戻り、いよいよカート場へ向かったわけです。

ワールドポーターズのカート場へ

ようやくカートの話題に入らせてもらいます。
ワールドポーターズのカート場は、屋上に作られたカート場です。すでに、清野さんと鶴田さんは何度か走られているようですが、小泉さんと私は初めての体験でした。全長はそこまで長くなく、結構トリッキーなコース編成でした。私はカート自体乗るのも久しぶりだったので、スピンしないようにしなければ、と考えておりました。

今回の走行は10分でお願いしました。早い人だと10分で40周近く走れるコースだそうです。清野さんと鶴田さんは14秒台で走っていたそうなので、自分は16秒ぐらいかな。と思いながら走らせてもらいましたが、結果的に15秒半ばぐらいで走ることができたので、少しだけ安心しました。

狭いコースではありましたが、4台一気に走ることもできまして、久しぶりにみんなで同じコースに入れたのは、とても良い経験になりました。それに、私自身はスピンすることもなく走行できたので、ちょっと嬉しかったです。鶴田さんが、1周目で謎のコースアウトをしており、狭いコースのため、元のコースに戻るのに結構時間がかかってしまったようです。

清野さんはとてもスムーズな走りを見せており、何度も後ろから抜かれました。それに、清野さんは14.28というラップタイムを出しました。このタイムはワールドポーターズの最速記録だそうです!

小泉さんはコースの狭さに戸惑っていたようでして、あまり思うように走れなかったと話しておりました。このカート場はマシンによっても結構差が出るということなので、違う車に乗れれば、違った結果になっていたと思われます。確かにコーナーからコーナーまでの距離が短いので、操舵性による差は大きく出そうだと感じました。

コーナーごとに設置された段差スローププレート(通称チーズケーキ)も、結構危ないものでして、インによりすぎると乗り上げて車体が跳ねるので、そこも気をつけながら走らなければいけません。

本日の記録

メンバー BEST LAP マシンNo. 総周回数
小泉 一憲 15.72 7号車 37周
清野 剛 14.28 6号車 39周
岩谷 大輔 15.59 5号車 35周
鶴田 政則 15.50 3号車 31周

いろいろありすぎて、長い一日となりましたが、とても楽しい一日になりました。御殿場まで行けなかったのは残念でしたが、久しぶりにカート場で走ることもできました。
こういう日もいいものですね。

-PR-