2017.03.05 CityKart【清野 鶴田 KANAN】


こんにちわ。T&Mです。
3月に入り徐々に暖かくなってきたような、なってきてないようなそんな今日このごろです。

この頃の気温に関して言えば、「3月なのに寒いですね、ってよく言われるけど毎年3月はさむいんじゃボケ!なんで毎年忘れるねん!」ってダウンタウンのM本さんがブチ切れていたのが何故か頭に残っています。

Today’s Kart Driving

この日は肋骨を痛めているKIYONOさん、フェスティカに向けて猛特訓中のKANANさん、特に成長の感じられないTSURUTAさんの3名によるカートでした。また、たまたまお一人でいらっしゃったI栗さんからも色々とお話やアドバイスを頂きながらのカートでした。

清野さんは痛めた部分がやっぱりダメだったようで、先週に引き続きこの日もKANANさんの指導がメインとなっておりました。KTで痛めて以来2週間はまとも走れていないので、フラストレーションが溜まっているご様子です。

もう来週はフェスティカGB86のレースとなってしまうのですが、まともに走れないんじゃないか疑惑もあり、いよいよKANANさんの手腕にかかってくるレースとなるのではないのでしょうか。

さて、そんなKANANさんは先週I川さんから教わった内容や、前日までに清野さんから教わった理論的な部分を実践すべく取り組まれていらっしゃいました。しかし、絶対的な経験値が少ないので、頭で考えていることを実際に車に乗ったときにどう体現していいかがまだ分かっていない、といったご状況でした。結果的に一歩ずつ進むという結論になったようですが、今後に大きく期待したいですね。

I栗さんからも一緒になって改善点を考えてくださいました。ありがとうございました。m(_ _)m

また、7日に有給を取ってフェスティカに練習に行きますがそれでどうなるのかがちょっと楽しみですね。

鶴田さんは依然として治らないハンドルを小刻みにちょんちょん切ってしまう癖(=進入で向きが変えられない)と向き合われていたようです。

しかし、キュッとハンドルを切り過ぎてお尻を振ってしまったり、キュッとやらないようにした結果いつまでもハンドルを切ってしまっていて、結局お尻を振ってしまったりといった状態が続いているようでした。

ハンドルの切るタイミングと量によって、マシンがいつどれくらい曲がるかを未だ掴めていないご様子でした。

本日の記録

メンバー BEST LAP マシンNo. 総周回数
清野 剛 37.213 4号車 7周
鶴田 政則 33.345 3号車 17周
KANAN 38.560 6号車 21周

どんなマシンでも32秒台は行かなきゃなぁって感じです。アドバイスを頂いたI栗さんありがとうございました。

なんだか最近ちゃんと考えてやれてない感じがします。。。
来週からレース、レースって感じなので、しっかりと身を引き締めて取り組んで行きたいと思います。

短いですがこんな感じで!アディオッス!

-PR-