2017.06.04 フェスティカサーキット栃木(GB86)【清野 鶴田 KANAN】


みなさんこんにちわ。TRTです。
この日はGB86耐久の第三戦に参加させていただきました。今回の64Racingは清野さんとKANANさんと私の3人でエントリー。テルテルさんは某Pンダさんとチームを組まれたようで今回は敵同士となりました。

天気は快晴で最高気温は25度。ですが、日差しがそこまで強くはなく、スーツを着ていても暑苦しさはそこまで感じませんでした。日が落ちてくると過ごしやすい天候でもありました。

練習から予選から本番

予選は9位でした。予選のマシンはグリップもトルクも悪くてイマイチなマシンでした。清野さんの走りでQ2へ進出はできましたが、そこから私がタイムを伸ばすことができずに9位フィニッシュでした。

本戦の走行順番は鶴田→ KANANさん→ 清野さんという順番のループです。私がチーム戦でグリッドスタートをしたのは小泉さん、清野さんと秋ヶ瀬の86に出た以来だったと思います。あのときは早々にスピンをしてすいませんでした。。。

最近はFec後のスプリントがあったり、平日練習で大人数の中走ったりと、おかげさまでだいぶゴチャゴチャした中での走れるようになったと思います。

今回のグリッドもそれほど焦ることもなく、従来よりは落ち着いて走れたように思います。しかも今回は2回もグリッドスタートが経験できました(笑)。2回めのほうが順位が上で周回できたので私的にはラッキーでした♪

テルテルさんは7番グリッドで私の目の前にいらっしゃったんですが、グングン順位が前に行くんですよね。。。この人ほんとすげぇなぁと思いつつ、私もなんとか6番目くらいまで食らいつきながら走っていました。

その後は特に何もなくKANANさんへチェンジ。KANANさんは前回の練習でなにかを掴んだようなので今回は42秒台安定を目指して走られていました。

記録を見ると4周目でいきなり41秒台を出しており、その後1度はスピンをしましたが42秒台をまぁまぁ安定して出しながらの走りでした。

KANANさんは装備重量がメチャクチャ軽いので加速が他のドライバーと比較にならないです。各コーナーで追いつかれてもストレートで後ろのドライバーは追いつくことができていませんでした。

今回のマシンはグリップこそなかったものの加速がいいマシンでもあったのでそれが余計に顕著になったかなと思います。

KANANさんをオーバーテイクしやすいポイントがあるのですがそこは企業秘密ということで(笑)

その後は清野さん。清野さんのときは1回目も2回目も何故か周りにマシンがなく、1,2台抜いたくらいで、あとはクリーンなコースでのびのびと走られていました。ご本人も「練習みたいに走れた」とのことでした(笑)

その後も特になにもなくフィニッシュ。結果は16チーム中14位でした。

先ほども書きましたが今回のマシンは加速が良かったので1コーナーで3,4台抜けたと思います。ただそれなら4コーナーでも抜けなくちゃダメで、ここが課題かと思います。あと1コーナーで抜いた後がかなり下手くそなので、そこも要練習です。一台分開けて1コーナー曲がる練習とかしてみようと思います。

本日の記録

メンバー BEST LAP 平均* 総周回数
清野 剛 40.968 41.375 42周
鶴田 政則 40.921 41.424 43周
KANAN 41.696 43.104 34周

※スタート、イン、アウトラップを除く

6月4日ということで64の日!ということで何かあればと思いましたが特に何もなかったですね。優勝は「忍者」のお二人でした。おめでとうございます!

表彰式で渋谷さんが次回の86はトコロテン方式になるかも?とお話していたのでルールが変わるかもしれませんね。次回は7月16日です。アディオス!

-PR-